この家は、建築家ミケランジェロ・エレミータによって設計され、 美しくかつシンプルなものを愛するヴェネチアの職人たちや芸術家との共同作業によって作り出されました。 五年の歳月をかけ、傑出した出来上がりとなりました。 内装は、芸術作品をたくさん取りいれ洗練されたものになっています。

銀細工で埋め尽くされたキッチン;
ヴェネチアの内海をイメージした木工細工による客間のテーブル;
、マホガニ材ーと鋼鉄を組み合わせた椅子と大きなベンチ、;
大理石のモザイクによる床の装飾画;
形の追求された階段;
芸術的な装飾のほどこされた寝室.

67平方メートルにうめつくされた芸術と建築、絵画の結晶、快適な合理性によりこのカルロ・ゴルドーニの家は、大変住み心地のよい空間となっています

美と合理性をかねそろえた、芸術と技術の巣は、この街にふさわしいものと思われます。